「ほっ」と。キャンペーン

エクアドルの養護学校で働く教員のブログです


by hirune007

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2つの旅行

仕事が休みになって2週間。始めの週は家族と、そして2週目はボランティア仲間と旅をしました。
家族との旅行は、首都のキト周辺のアンバト、オタバロ、カヤンベ、イバラなど。私の住むエル・グアボから車で10時間の旅でした。エル・グアボはコスタ地方なので今は毎日とても蒸し暑いのですが、シエラ地方にあるこれらの街は涼しく(寒く)乾燥していて気持ちのよい季候でした。
f0204553_104187.jpg
f0204553_1041756.jpg

カヤンベにあるもう1つの赤道            カヤンベ名物ビスコ-チョ
                        (チーズと一緒に食べるととてもおいしい)

f0204553_1044145.jpg
リャマと一緒に
f0204553_10283981.jpg

                      イバラのサンアントニオは木製品が有名


2月13日から16日まではカルナバル休日と言うことで、ボランティア仲間が私の住む街へやってきました。初日は、エル・グアボの隣のマチャラの散策。次の日にグアヤキルへと向かいました。モールで買い物をしたり、イグアナ公園へ行ったり、モルガン号にのったり、ラスペーニャスで444段の階段を上ったりとグアヤキルを思い切り満喫しました。
f0204553_10293749.jpg
f0204553_10295772.jpg
f0204553_10301632.jpg
イグアナとにらめっこ             ラスペーニャス




カルナバル中の4日間は、安心して街を歩くことはできません。なぜならどこから水をかけられるかわからないからです。歩道を歩いていても常に、上や周りを見渡していなければなりません。歩いていて突然窓からバケツの水をかけられたり、乗っているバスやタクシーの窓の中に水風船を投げ込まれたり、ホースで水をまかれたり・・・。
私も最終日はしっかりこの洗礼を受けました。映画を観に行く前にホースの水をかけられてびしょ濡れ。そのままエアコンの効いた映画館に入ったので凍えそうでした。映画が終わる頃、Tシャツがやっと乾き、帰るためにバスに乗ると座席がすでに濡れていて、我慢して座った次の瞬間、窓の外から水鉄砲の水が。バスを降りて家に向かうまでに、ある家の2階の窓から降ってきた水は回避できたものの、その後のホース攻撃には勝てず、上から下まですべてずぶ濡れ。子どもだけでなく、大人も本気でやってきます。本気で遊ぶって、すごいパワーだなと感じた4日間でした。
f0204553_10303815.jpg
 
        ラスペーニャスでの水かけ(通行人にも突然水をかけてくる)                 
[PR]
by hirune007 | 2010-02-17 10:48