エクアドルの養護学校で働く教員のブログです


by hirune007

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サッカーワールドカップ

エクアドル代表はワールドカップには出場していませんが、ワールドカップの中継やニュースは毎日しっかり放送されています。しかも、実況はかなりなハイテンション。日本が1次リーグを突破したことは、こちらでも大きく取り上げられました。普段、日本が話題になることはほとんどなく、街を歩けば「中国人」と言われる私にとっても、1次リーグ突破はとても嬉しいニュースです。このまま勝ち進んで、この街の人たちに更に日本という国の存在をアピールして欲しいなと思う毎日です。
 昨日は、知り合いの誕生日会が2件ありました。1つは男の子の誕生日会ということもあって、会場は「ワールドカップ」一色。各テーブルにはワールドカップのトロフィが置かれ、ケーキにも各国の旗やサッカーボールが飾られていました。f0204553_8564273.jpg
f0204553_857618.jpg
f0204553_8572344.jpg
      

装飾のトロフィーやボールで遊ぶ子どもたち





決勝トーナメント初戦のパラグアイとの試合は、こちらの時間で29日(火)の朝9時から。仕事で見られないのが残念ですが、ガンバレ日本!!
[PR]
by hirune007 | 2010-06-28 09:00

最近の学校

 4月に新学期が始まった時には7人でスタートした私のクラス。5月の終わりと昨日、新入生が新たにやってきて9人になりました。新しく来た2人は13才と11才。2人とも今まで一度も学校に行ったことがなく、今回初めて学校に通うことになりました。エクアドルの義務教育ってどうなっているんでしょうか??こんなに長期間、学校に在籍しなくても許されるんですね-。
 2人とも認識的にはかなり高いのですが、今まで学校に行ったことがないということで、私のクラス、1年生。私の学校は2年間同じ学年に在籍すると、次の学年に上がることができます。一応、認識に応じてクラス分けをしていると説明されたのですが、現実は違っています。

先日、クラス担任の先生が顔の部分の名称を教えていたので、確認するための教材を作ってみました。日本でよくやる「福笑い」です。
f0204553_842855.jpg
f0204553_842225.jpg
f0204553_842386.jpgすごく、「日本人」的な顔になってしまいましたが、子どもたちは楽しんで取り組めたのでよかったです。教材なしで進める授業とは子どもたちの集中度が全く違います。その様子を見てクラス担任の先生は「いい教材ね」と言っていましたが、まだ自分から教材を作る気にはならないようで・・・。でも、教材があることの大切さを少しずつ感じてくれているかな??? という感じです。
[PR]
by hirune007 | 2010-06-25 08:44
 早いもので、私がエクアドルにやってきて1年が経ちました。すごくいろんなことがあったのですが、日本にいるときの3倍ぐらいのスピードで過ぎ去っていく感じです。これまで大きな病気、怪我をせずに、犯罪にあうこともなく無事に過ごせていることに感謝。本当にいろんな人に支えられての1年でした。皆さん、本当にありがとうございます。そしてあと9ヶ月間もよろしくお願いします。

 6月17日には、キトでJICA事務所主催の中間報告会がありました。今まで1年間の活動の報告を、パワーポイントを使ってスペイン語で行いました。今回発表したのは、去年の6月にエクアドルにやってきた私の同期5人と、その3ヶ月後にやってきた1人。それぞれの配属先の人たちも来ているので、いい加減なことは言えません・・・。そしてあまりに、正直すぎることも・・・。
私の配属先からは、校長と一緒のクラスの先生が出席しました。
 発表のためにこの1ヶ月間一生懸命準備し、なめらかにしゃべれるように練習してきました。ホームステイ先の奥さんもすごく協力してくれて、スペイン語の文法を直してくれたり、毎日私の練習につきあってくれました。やっぱり本番はめっちゃ緊張し、原稿を見る回数も増えてしまいましたが何とか無事に終了。他の隊員の活動についても知ることができ、とてもよい機会でした。

                                      大使と奥さんと校長と同僚とf0204553_819262.jpgf0204553_819464.jpg
                           
                               
[PR]
by hirune007 | 2010-06-25 08:24
 先週の水曜日から学校に新しい教員が来ました。名前はカリナ。障害児教育を勉強して、5年間障害者の施設で働いていた人。障害児についての勉強をした人が1人もいないウチの学校にとっては、とてもありがたい存在。他の教員たちは、どんな風を吹き込まれるのかとかなり警戒の様子。
 私は早速挨拶に行きたかったのですが、初日はクラスが忙しくて抜けられず・・・。カリナが学校に来るようになって3日目にやっと挨拶ができ、お互いの自己紹介や学校の様子についての感想を話すことができました。短い時間しか話せなかったのですが、学校、授業、教員の問題点、これから変えていきたいことを率直に言い合うことができました。
 学校内のいろいろなことに1人で悪戦苦闘していた私にとっては、まさに救世主。学校に問題があると感じ、変えようとした唯一のエクアドル人。カリナは、1人では何もできないけど少しずつ助けを求め、この状況を少しでもよくしていきたいと言っていました。私も一緒に頑張ろうと話したのでした。
 しかし、今日カリナは学校に来ませんでした。そして校長に電話で「学校を辞める」と。なぜなら、彼女は午後は市の仕事をしていて、午前中の学校の仕事との兼業は制度的に許されないとのこと。学校の給料は国から出ていて月240ドル。午後の給料は月500ドル。倍以上の差があったら、午後の仕事を選ぶのは当然ですよねー。
 救世主はたった5日間で去っていきました。ぬか喜び・・・。スペイン語では何て言うのか調べてみたら「Mi gozo en un pozo(ぬか喜びだった)」と言うそうです。
 また1人でチビチビと頑張ります・・・。
[PR]
by hirune007 | 2010-06-10 09:43

キト

JICAボランティアが首都のキトに上がったときに使っている「ボランティア連絡所」が新しい場所に引っ越したので、その荷物を片付けるために週末はキトに行ってきました。
新しい連絡所もとても広く、住み心地良さそうです。せっかくキトに上がったので、普段エル・グアボでは食べられないものを食べたいと思い、同期の隊員と一緒に、日本料理のお店へ。このお店はホテルの中にあってちょっと贅沢。でも、たまにはね・・・。
お店に入って、まず温かいおしぼりが出てきたのに感動。それからお通しも!!日本が懐かしい!!
お刺身やお寿司、牛のたたき、冷や奴、うどん、日本酒の熱燗などエクアドルの普段の生活では食べられないものを久しぶりに口にして、大満足。
f0204553_715291.jpg
f0204553_7154316.jpgシェフと一緒に・・・
f0204553_7155977.jpg
f0204553_7161514.jpg

[PR]
by hirune007 | 2010-06-08 07:19