エクアドルの養護学校で働く教員のブログです


by hirune007

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

温泉だ~!!

先週金曜日に安全対策連絡協議会があったため、久しぶりに首都のキトに上がり、土曜日と日曜日は、キトから3時間弱のところにある、Papallacta (パパジャクタ)に同期隊員と行ってきました。ここは温泉がある観光地で、標高が3300メートルもあります。エクアドルに来て1年2ヶ月、湯船に浸かることが全くなかったのでここで温泉に入るのは、軽く「夢」でした。
 f0204553_11592312.jpg9月、10月のパパジャクタは雨が多いと言うことで、私たちが着いたときにも小雨が降っていてかなり寒かったです。冬の箱根みたいな雰囲気。
f0204553_120099.jpgf0204553_1202510.jpg






予約したホテルには、たくさんの温泉プールがあり、プールによって湯温も様々。水着を着て入るのが日本人にはちょっとした違和感ですが、標高3300メートルの激寒の中、湯船(プール)に入った瞬間はこの上なく幸せな気持ちでした。温泉だけど、プールなので泳いでも問題なし。泳がなかったけど。
このホテルは各部屋の前にも温泉プールがあって24時間入浴可。かなり満喫しました。これで帰国まで湯船に浸かれなくても平気かも知れないです。

このところ、なかなか学校の様子を載せられませんが、仕事もちゃんとしていますよー。最近、私の住む街ではピストルを使った強盗が頻繁に出ているので、通勤途中に狙われるのが怖くて学校にカメラを持って行くことができません。来週は、エル・グアボのお祭りでウチの学校も行進をするのでその練習に励む毎日です。
[PR]
by hirune007 | 2010-08-31 12:30

麻婆茄子

f0204553_10482722.jpg
金曜日に、ウチを訪ねてくださったKさんご夫妻がお土産に麻婆茄子の素と茄子をくださったので、今日のお昼ご飯に、家族にごちそうしました。
茄子はスペイン語でberenjena(ベレンヘナ)と言います。日本では頻繁に食卓に上る食材だと思いますが、ここエクアドルではあまり食べられていないようで、大きな都市には売っていますが私の住んでいるような小さな街で見かけることはありません。私はエクアドルに来て初めて茄子を食べました。

適当な大きさに切ったにんじんとピーマンと茄子を炒めて、麻婆茄子の素を加えてできあがり。私にでもできて超簡単。普段料理をすることのない私が珍しく包丁を持っているので、お手伝いさんは興味津々でずっと見ていました。
f0204553_10485274.jpgウチの家族もお手伝いさんも、「ものすごくおいしい」と言ってくれました。この味は、エクアドル人の口にもバッチリあったようで「タジャリン(麺)と混ぜてもおいしいかもね」と旦那さんは言っていました。いつもはニンジンは食べない旦那さんですが、今日は残さず全部食べていました。
                                   
                      
                                       おいしそうでしょ~??
[PR]
by hirune007 | 2010-08-25 11:04

Zaruma(サルマ)への旅

f0204553_11163579.jpg今週末はZaruma(サルマ)に行ってきました。クエンカに住むKさんご夫妻が、私の家を訪ねてくださり一緒に連れて行ってくれたのです。サルマは、私の住む、エル・グアボと同じエル・オロ県にある市です。ここは、昔から金を採掘していて金の出る山の中にできた街です。
f0204553_11275097.jpgf0204553_11273472.jpg

名物はプラタノ(調理用バナナ)をつぶしたものをチーズや卵と一緒に焼いた「ティグリージョ」と「サルマコーヒー」。サルマコーヒーはエクアドル3大コーヒーの1つですが、私はここのコーヒーが1番だと思っています。香り、味とも最高です。
f0204553_11345041.jpg 金を採掘してきた歴史を紹介したり、金を掘るトンネルを再現した施設もあり、見学してきました。トンネルに入るときには長靴に履き替え、ヘルメットも被ってかなり本格的。以前、エクアドルの金採掘の歴史が日本のテレビ番組で紹介されたことがあるらしく、Kさんはここに来るのが夢だったそうです。この施設、とてもよかったです。もしサルマを訪れることがあったら、ぜひ行ってみてください。
 f0204553_1139879.jpgおいしい食事、おいしいコーヒー、素晴らしい景色・・・ サルマは本当に素敵な街でした。Kさんご夫妻、楽しい旅をありがとうございました。
 
 
 
[PR]
by hirune007 | 2010-08-23 11:41

新しい学校の土地

 私が毎日通っている学校は国立の養護学校なのですが、国は校長と1人の言語療法士の給料のみを支払い、3名の教員の給料はエル・グアボ市、1名の教員の給料はアメリカのバナナ農園の寄付によって支払われています。エル・グアボ市は学校の設備の補修などの協力も行っています。そのエル・グアボ市が新しい学校を作るための土地を与えてくれることになり、今日はそれを受け取る儀式がありました。f0204553_1155259.jpg
 新しい学校の土地は今の学校から歩いて10分ほどのところにあり、まだ更地ですがとても広く、今の学校の20倍くらいはある感じでした。
 11時から式が始まると言うことで、私の学校にしては珍しく早めの10時半に到着。しかし、今日の主役(?)の市長が12時半まで来なかったため、待ちくたびれた小さな子どもたちは泣いてしまい、いつも2時間遅刻が当たり前のウチの学校の校長に慣れている保護者も不機嫌に。でも、市長が登場すると何事もなかったかのように大人たちは拍手喝采。オトナ・・・。
 f0204553_1275146.jpg ←市長は挨拶をするとすぐに次の仕事に行ってしまい、滞在時間15分。
それでも子どもたちはしっかりとお礼の言葉を言ったり、練習したダンスや歌を発表することができました。f0204553_12225446.jpg
f0204553_122314100.jpg

f0204553_12234586.jpg 新しい学校ができるのはまだまだ先で、私はそれを見届けることはできませんが、子どもたちが大好きなサッカーができるグラウンドも作るそうです。校長に依頼されて日本の養護学校の見取り図を作って渡しましたが、それが少しは取り入れられたりするのでしょうか。
 窓は鉄格子のみでガラスはなく、教室の仕切りはベニヤ板、照明がないので太陽が出ない日は真っ暗というのが当たり前の教員たちにとっては、エレベーターがあり、校舎の2階にプールや体育館がある日本の養護学校はかなり衝撃的だったようです。朝から下校まで休み時間の30分以外の4時間半、狭い教室の中だけで過ごさなければならない子どもたちの今の学習環境が少しでもよくなればいいなと思います。
[PR]
by hirune007 | 2010-08-19 12:29

週末の旅

 回線の調子が悪かったようで、2週間近くネットができず、このブログの更新もできませんでしたが、本日めでたく復活です。
 先週末、今週末とも先輩隊員と一緒にエクアドル国内旅行に出ました。
 先週末(8月6日~8日)はプエルト・ロペスにクジラを見に。今の時期は、海から飛び跳ねるクジラが頻繁に見られると言うことで、プエルト・ロペスにはたくさんの外国人観光客が来ていました。私たちも、運良く何度もクジラが跳ねるのを見ることができましたが、写真に撮るのはすごく難しく・・・。
 f0204553_12135378.jpg撮れたのはこんな感じの写真ばかりでした。(クジラが飛び跳ねた後。海に潜っていくとこ)海で泳ぐにはちょっと水が冷たかったのですが、シュノーケリングもしました。
f0204553_12193721.jpg
 プエルトロペスから船でしばらく行ったところにあるIsla de la plata(イスラ・デ・ラ・プラタ)は、ガラパゴス諸島にいる鳥が見られることで有名です。炎天下の中を歩きましたが、アオアシカツオドリやグンカンドリを間近に見ることができ大満足でした。f0204553_1220718.jpg
f0204553_12202444.jpg

旅の最終日は、マンタからの隊員も合流してAgua Blanca(アグアブランカ)と言うところに行き、硫黄泉の湧き出る湖に入りました。f0204553_12233432.jpg
始めは硫黄の強烈な臭いにちょっとビックリでしたが、お肌によいらしい硫黄入りの泥をみんなで塗りあいながら楽しい時間を過ごしました。

f0204553_12455612.jpg
 8月13日から15日までは3連休だったので、先週と同じ先輩隊員と一緒にLoja(ロハ)、Vilcabamba(ビルカバンバ)の旅に出ました。私の住むエルグアボからロハまではバスで6時間。昨年、社会福祉部会のプロジェクトでロハに行ったとき6時間の旅がとっても辛く感じたので、2回行くことはないかなーと思っていたのですが、ロハはやっぱり素敵な街で今回も行って本当によかったです。
 ビルカバンバは、ロハからバスで1時間あまり行ったところにあります。気候がとてもよく住みやすいと言うことで、「長寿の街」と言われています。言われているとおり、暑くなく寒くなく本当に気持ちのいいところでした。f0204553_12402617.jpg先輩隊員が1ヶ月以上前に予約してくれたホテルは外国人観光客がいっぱい。とってもおしゃれなホテルで、マッサージやエステをして若返り(?)ました。
 ビルカバンバからロハに戻った後は、ロハに住む先輩隊員がロハ市内を案内してくれました。

f0204553_12504830.jpgおいしいロハコーヒーと一緒に名物のエンパナダデプラタノを食べたり、市内観光をしたりしました。
 f0204553_12475140.jpg
f0204553_12574433.jpg 
[PR]
by hirune007 | 2010-08-16 12:53
 f0204553_851127.jpgエル・グアボに住んで1年が経った次の日(7/31)、家族が1周年のお祝いをしてくれました。
隣の市、マチャラにあるホテルのレストランで、夕食を食べました。
私は、魚のシーフードソースがけ。たこ、イカ、貝、エビ、カニを煮込んだソースがとってもおいしかったです。
 この家族と一緒に暮らせて本当に幸せです。
 
 この日に合わせるかのように、日本の母からはたくさんの荷物が届きました。ホームステイ先の奥さんの大好きな日本茶やおせんべい、旦那さんの大好きな本鰹ふりかけ、かんてんパパゼリ-など。
頼んでおいた浴衣も2着。浴衣は、まず私が1人で着られるように練習してから、ホームステイ先の奥さんにも教えようと思います。ちゃんと教えられるか不安ですが、日本に帰るまでに奥さんが1人で着られるようになったらいいなと思います。
[PR]
by hirune007 | 2010-08-02 08:52