エクアドルの養護学校で働く教員のブログです


by hirune007

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Muchas Gracias a todos

 木曜日に今年度の授業が終わった学校ですが、金曜日は先生たちが、土曜日は児童・生徒のお母さんたちが私のためにお別れ会を開いてくれました。
 f0204553_6135421.jpgf0204553_614981.jpg先生たちとのお別れ会は、市内のお店で。ひたすらビールを飲んで・・・・。         踊って・・・・。
この日は朝から日差しがとても強く、暑かったのでビールが最高。
 「エクアドルを忘れないでね」と、エクアドルの民族衣装を着た人形のストラップ、同じくエクアドル人形のボールペン、ECUADORと刺繍の入ったポーチ、香水をプレゼントしてくれました。
 f0204553_6144885.jpgf0204553_615965.jpgf0204553_615266.jpg保護者とのお別れ会は、去年担任だった生徒のお家で。地元のテレビ局OroTVの元アナウンサーだったお母さんの司会で会は進みました。生徒の兄弟が歌を歌ってくれたり、お母さんたちと踊ったり。バーベキューをごちそうになって、この日もいっぱいのビール。飲んで踊って、踊って飲んでの5時間。会の間はみんなとお別れすると言うことがまだ実感できなくて、帰る頃になってとっても悲しくなってしまいました。
 たった1年半でしたが、San Antonio de Paduaのみんなに出会えて本当にに幸せでした。そして私のために、みんながこんなにしてくれて本当に感謝です。
 
 
[PR]
by hirune007 | 2011-01-17 06:19

赤ちゃん

 f0204553_1453697.jpgホームステイ先に赤ちゃんが来て、1ヶ月半が経とうとしています。赤ちゃんと一緒の生活にもだいぶ慣れてきました。私も、少しの時間ならお守りをすることもたまにあります。そんな時も、PCは手放せませんが・・・。ネットをしながら子守です。
f0204553_146859.jpg夜は奥さんと一緒にお風呂に入れます。これは毎日やっているのでだいぶ慣れてきました。でも、日に日に大きくなるので、支えるのが重たくて大変です。
困るのは、原因がわからず泣いているとき・・・。この間は夜泣きが毎日続くので、近所のシャーマン(日本語では何て言うのでしょう?辞書にはまじない師って書いてあった)のところに連れて行きました。
 シャーマンのおばあちゃんは、普段は普通の主婦でお客さんが来たときだけ、シャーマンになります。シャーマンが使う道具は3つ。生卵、謎の葉っぱを束ねた物、謎の植物と液体が入ったペットボトル。この液体、腐っているんじゃないかって感じの深ーーーーい緑。
f0204553_1463445.jpgf0204553_146486.jpgf0204553_147531.jpg








まずは、卵を使って赤ちゃんの身体をマッサージします。すると、今まで泣いていた赤ちゃんが急に静かに・・・。恐るべし、シャーマン効果。その後は、葉っぱを束ねたもので赤ちゃんを軽く叩きます。いかにも除霊って雰囲気です。そして、いきなりペットボトルを口に持って行き、液体を口に含んだあと赤ちゃんにプワッーとかけます。これで終了。トータル15分。 
 シャーマンのところには3日間連続で通わなければなりません。3日間通ったせいか、夜泣きはすっかりなくなりました。すごい!!

と思ったら、また今も泣いてるよ-。また行くのか??
[PR]
by hirune007 | 2011-01-14 14:26

終業式

f0204553_13105417.jpg 今日で今年度の学校は終了です。日本の終業式とはだいぶ違いますが、私の学校も今日が終業式でした。児童・生徒の出席は自由で、保護者が通知票を受け取るというのが主な活動です。
 式の始まりには、エクアドルの国歌を歌います。毎週月曜日に歌っていた国歌とのお別れも近付いています。私はだいぶ歌えるようになったのですが、完璧に歌うのはかなり難しいです。
 f0204553_13142654.jpg校長の長ーーーーーい話のあと、私はプレタジェールクラスの会計報告をしました。キャンドルやエプロンを売って稼いだお金が合計310ドル、材料費が約128ドル、クリスマスパーティに使ったお金が約80ドル。約100ドルを来年度のプレタジェールクラスの教材費として残すことができました。100ドルあれば、絵の具やクレヨンなど授業に必要なかなりの物が買えると思います。来年度、私はこの学校にいませんが、有効に使ってもらえるよう祈っています。私の会計報告のあと、お母さんたちがいっぱい拍手をしてくれてちょっと感動。
 f0204553_13144761.jpgその後、通知表わたしがありました。受け取るのはお母さんたち。もらうとすぐに開いてチェック。
 最後は、みんなでケーキとジュースで乾杯。
 今日でお母さんたちともお別れだと思っていたら、今週土曜日に私のためのお別れ会を開いてくれるとのこと。ビックリ。でも、今日でお別れじゃなくてよかった。
[PR]
by hirune007 | 2011-01-14 13:17

最後の授業

 先週木曜日はプレタジェールクラス、金曜日は1年生の最後の授業でした。私の住む地方は、1月が学校の年度末で新学期は4月から始まります。
 f0204553_83119.jpgf0204553_8313294.jpgプレタジェールクラスは、今年9月から入ったので短い期間でしたが、生徒たちと製作した物を販売したりなど自分のイメージしたとおりの活動ができたので、かなり満足です。
最後の授業は、貼り絵をしました。白い半紙に色を塗って色紙を作るところから始めます。よく集中して取り組んでいました。
 f0204553_8321673.jpgf0204553_8323296.jpg
金曜日に最終授業だった1年生のクラスは、昨年度から入っていたので1年半、一緒に過ごした児童もいます。このクラスでは、日常生活指導と絵カード、個別学習を取り入れられたことが私にとっての成果です。1年半前、このクラスに入ったときには日常生活指導が全くなかったので、どんなふうに始めようかすごく悩んだことを思い出しますが、今では、担任の先生が毎日取り組んでくれています。
 f0204553_832499.jpg


子どもたちとは、さよならではなく、Hasta luego(またあとでね)と言って、お別れをしました。
[PR]
by hirune007 | 2011-01-14 08:34
 エクアドルで2回目の年末年始。ここで過ごすお正月もこれが最後です。と言っても、ここの年末年始は、日本とは全く違い、大騒ぎのお祭り状態ですが・・・。
 f0204553_5455120.jpgf0204553_546828.jpg12月31日は学校がお休みなので授業は30日まで。でも、この日に登校した生徒はほんの少し。みんなで Año Viejo(アーニョビエホ)というお人形を作り、燃やして授業は終了。
f0204553_548079.jpg
f0204553_5463791.jpg


授業のあとは、校長や学校の先生たちと飲み会に出かけました。昼からいっぱいビールを飲んで踊ってしゃべって。踊れないけどとっても楽しかったです。日本に帰るのが嫌になってしまうくらい楽しかったです。マカスから遊びに来ていた同期のボランティアも参加。彼はウチの学校の先生たちに大人気でした。

31日は昼間はボランティア仲間とプヤンゴに行っていて、夜は家族と過ごしました。
 f0204553_613153.jpgf0204553_625950.jpg教会でVaca Loca(バカロカ:狂った牛)という伝統的な催しを見ました。これは、牛の人形の中に人が入っていて、音楽に合わせて踊りまくります。花火や爆竹を携え、観客に近寄って怖がらせたりします。1年間の悪かった出来事を払いおとすような意味があるらしいです。

f0204553_633032.jpgf0204553_635349.jpg年が変わる直前の、夜中の12時前にホームステイ先の旦那さんの実家に行き、Año Viejoを燃やし、12時の教会の鐘の音と共にブドウを食べました。ブドウを食べるのは、日本の年越しそばのような感じかな。。子孫繁栄の意味があるそうです。お酒を飲みながら、夜中の2時ぐらいまで過ごして帰ってきました。
このパーティはどの家も朝方まで続けます。なので、ここの1月1日の午前中はとっても静か。私も11時前までゆっくり眠りました。寝正月。
[PR]
by hirune007 | 2011-01-02 06:05

Puyango(プヤンゴ)

 12月31日。2010年最後の日に、プヤンゴに行ってきました。数日前から私のホームステイ先に滞在している、2人のボランティアと一緒に行きました。
プヤンゴには、世界でたった3カ所でしか見ることのできない大木の化石があり、私の住むエルオロ県と隣のロハ県の境にあります。今までなかなか行く機会がなかったのですが、今回ようやく行くことができ、一緒に行ってくれたボランティア仲間に感謝です。f0204553_16512329.jpgf0204553_1651417.jpgf0204553_16515947.jpg
[PR]
by hirune007 | 2011-01-01 16:53