エクアドルの養護学校で働く教員のブログです


by hirune007

国際障害者デー

f0204553_1318955.jpg12月3日は国際障害者デ-。私の住むエルオロ県の県庁所在地的な場所、マチャラ市に県内にある養護学校が集まり、市内を行進しました。
f0204553_1319767.jpgエルグアボからマチャラまではバスで30分ほど。こんな日に、なぜか目覚まし時計が鳴らず、遅刻しそうになった私でしたが、何とか間に合い・・・。
f0204553_132251100.jpg市内を歩いたあとは体育館に集まり、各養護学校の生徒がダンスや歌を発表しました。私の学校の生徒も、歌とダンスを披露。

f0204553_13242195.jpg週明けの6日は、エルグアボでの行進。市内に住む障害者やその家族と一緒に行進しました。行進のあと、障害者センターに集まったので、エプロンとキャンドルの販売をしました。今回はあまり売れませんでしたが、市長にキャンドルをプレゼントし、いろいろな人に児童、生徒の活動の様子を知ってもらえたのでまあ、よかったかな。
[PR]
# by hirune007 | 2010-12-08 13:27

世界エイズデー

f0204553_128577.jpg今日12月1日は世界エイズデー。私の住むエル・グアボ市では、各学校や医療機関の人たちが市内を行進して歩きました。あいにくの雨でしたが、私たちの学校も参加。
f0204553_128445.jpg街のセントロではテントを張って無料のエイズ検査や健康診断が行われました。私たちの学校は、障害児や健康に関する展示を行いました。もちろん、授業で作ったエプロンやキャンドルも販売。エイズデーとは関係ないけど・・・。雨だったので、お客さんは少なかったのですがいろんな人が興味を持ってくれたのでよかったです。
[PR]
# by hirune007 | 2010-12-02 12:10

国勢調査

 11月28日はエクアドルの国勢調査の日。
エクアドルに住んでいる人はみんな、朝7時から夕方5時までは外出禁止。交通機関やお店、デパート(私の街にはないけど)も全部機能しません。ミサや集会、Fiesta(パーティ)も禁止。もし、外出したら逮捕されることもあるんですって。
 高校生のボランティア調査員が各家を訪問して、家族構成や家の造り、基本的なライフラインについて等の質問をします。この調査員は、朝7時から夕方5時の間のいつやってくるかもわかりません。
 で、私の家には夕方3時半頃高校生の男の子がやってきました。全ての人に質問をすると言うことだったのでちょっと心の準備をしていたのですが、私には特に質問なし。名前と国籍を聞かれたぐらいでした。
 夕方5時を過ぎると、今までとっても静かだった街が動き出しました。みんな外出したくてたまらなかったようです。とりあえず、無事に終わったからよかった。
[PR]
# by hirune007 | 2010-11-29 14:22
 ホームステイ先の家族の友達の子どものPrimera Comuniónのパーティに参加しました。
 f0204553_1362767.jpgf0204553_1364233.jpg






カトリックの信者の儀式で11歳か12歳の時に行うのが通常だそうです。儀式のあとのパーティは普段のお食事会と雰囲気は全く同じ。乾杯をして、食事をしながらお酒を飲み、おしゃべりをして楽しい時間を過ごしました。
f0204553_13765.jpg

会の終わりには引き出物(?)が配られました。
[PR]
# by hirune007 | 2010-11-28 13:11

家族が増えました!

 私のホームステイ先は、旦那さんと奥さんと私の3人暮らし・・・。だったのですが、今日、突然、赤ちゃんがやってきました。もう、何年も前から子どもを受け入れるための申請をしていたようなのですが、なかなか実現しなかったそうです。でも、今日、ついにその日がやってきたのです。
 旦那さんも、奥さんも長年の夢が叶い、今日は朝から1日中ソワソワ。夜の9時半になってようやく会えたときには、みんなで大泣きでした。私も・・・。
f0204553_1328314.jpg
f0204553_14253450.jpg
 今日産まれたばかりの赤ちゃんです。産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたのは初めてです。
 私が赤ちゃんと暮らした経験は私の弟が産まれた時以来なので、この先どうなるか想像もつきませんが、家族が増えてとっても嬉しいです。私もおむつ変えたりするのかな?いつかのために、いい練習になるかな?
 
[PR]
# by hirune007 | 2010-11-25 14:27

どうして???

 プレタジェールクラスの教材費を稼ぐために始めた、エプロンとキャンドルの作製と販売。売れ行きも好調で喜んだのもつかの間・・・。
 結構売れていると知った、学校の校長がその売上金を差し出すように言ってきました。売れていると言っても、材料費を差し引いたらまだ20ドル(2000円)にも満たないのです。更に、この売り上げは、授業をするための絵の具、クレヨン、画用紙など最低限必要な物を買うための物なのです。少しでもたくさんの教材が買えるように、私とこのクラスの担任は一生懸命子どもたちと活動しているのに・・・。何の目的に使うのかも言わない校長にどうして差し出さなければいけないのでしょう??? とっても疑問です。こんなに悲しいことがあっていいのでしょうか?
 ここでの活動も残りあとわずか。少しでも残せる物を残し、学べることを学びたいと願いながら働く毎日です。

f0204553_12279100.jpg          f0204553_1231067.jpg                   休み時間







 クリスマスツリーを
 飾りました
[PR]
# by hirune007 | 2010-11-23 12:33